利用者だけの優待サービスが受けられる

あなただけの優待サービス

クレジットカード発行会社は世界中どこにいても利用できるクレジットカード会社と必ず提携しています。


「VISA(ビザ) 」 「MasterCard(マスターカード)」「Diners Club(ダイナースクラブ)」 「AMERICAN EXPRESS(アメリカンエキスプレス)」「JCB(ジェーシービー)」のなどのクレジットカード会社があります。

「VISA(ビザ) 」

世界ナンバー1シェアのブランド

「MasterCard(マスターカード)」

VISAよりはシェアは劣りますがヨーロッパエリアではマスターカードのほうが主流になっているところがあります。

「Diners Club(ダイナースクラブ)」

中年の富裕層向けのブランド

「AMERICAN EXPRESS(アメリカンエキスプレス)」

年会費は必ずかかる富裕層向けに作られたブランド

「JCB(ジェーシービー)」

日本のクレジットカードブランド。海外ではあまり使用できないのでVISAブランドのカードも一緒に持っておくのをおすすめします。VISAやマスターより海外での利便性は劣りますが海外にいても日本語サポートが受けられるので日本人向けのサービスを多く提供しています。


たくさんの企業からさまざまなクレジットカードが提供されており、そのサービスは各会社によって航空のラウンジが無料で使えたり、ホテルの宿泊代や提携飲食店の割引が受けることができたりします。

結論から言うと、カードブランドに迷ったらVISAブランドにしておけば間違いなし

特に海外旅行に頻繁に行く方は、VISAカードを持っておけば大丈夫。VISAカードは無料でカード発行できる会社が多いので、旅行に行く際には発行しておくことをおすすめします。

カードによってお得サービスが全然違う

◆イオンカードだと20日と30日の買い物が5%OFFになったり、楽天カードだと楽天での買い物のポイント獲得率が3倍になったり。ANAカードだとマイルが貯まりやすかったり空港のラウンジが無料で使うことができたり。それぞれのカード会社によってさまざまなサービスがあります。


アメックスプラチナやブラック、ダイナーズのプレミアムなどのグレードの高いカードになると自分の専任のコンシェルジュが24時間対応でついたり、1億円以上の海外旅行保険がついたりします。それもどんなわがままも聞いてくれるのだとかw


海外ではカードのランクがステータスといわれています。そのカード1枚で「あっこの人しっかり仕事している」と思われます。それほどカードのランクは信頼の一つです。


始めはコツコツとクレジットカード会社との信頼を作っていきましょう。


今月のおすすめカード

年会費無料で海外でも使えるVISAカード