現金を持ち歩く量が少なくなる

現金を持ち歩く量が少なくなる

クレジットカードを持っていると、ふらっと買い物にいって欲しい物が見つかる。でも現金がなくて買えない!! なんてことがなくなります。 カード1枚で買い物ができるので、現金を持ち歩く金額が少なくなり限度額以上にならない限り買い物はできます

◆系列店のカードを使う

系列店以外のクレジットカードだと大手家電量販店(ヤマダ電機やビックカメラ)の付与されるポイントが2%下がります。


系列店舗のヤマダのLABIカードやビックカメラのビックスイカカードなど家電量販店が発行しているカードを使うと付与されるポイントが下がらないのでよく買い物をする系列店のクレジットカードを持っておくのがおすすめです。


ヤマダ電機のLABIカードはヤマダのポイント10%にセゾンの永久不滅ポイント5%がつき、ヨドバシカードだと通常のポイントに1%プラスでポイントがもらえます。←高額な買い物程お得を実感できます!!

◆クレジットカードの支払日

クレジットカードの支払日は1ヶ月先なので口座にお金がなくても物が買えます。ですが、あくまでクレジットカード会社からお金を借りているんだということを忘れずに使用するようにしましょう。


クレジットカードの支払い方法は、翌月払い以外に分割払い、リボ払い、ボーナス1活払いがあります。

1回払い以外にするとポイントは多くもらえますがそれ以上の利息を払うことになるので気をつけましょう。

クレジットカード利用の支払い方法

分割払い

高額な物を購入するときに、分割払い(2回・4回・12回・・・)で支払う方法もありますが、極力しないようにしましょう。支払いが遅れる分カード会社に利息(約12%~15%)が取られます。

リボ払い(リボルビング払い)

使った金額、使用回数にかかわらず毎月の支払いを一定にすることができる。

毎月同じ金額を支払っていけばいいですが高額な買い物をした場合、返済期間は長くなり残りの返済金額わからなくなったりしっかり自分の使った金額を把握しておかないと、利息が高額になってしまうので注意が必要。

ボーナス1活払い
夏または冬のボーナスに一括で支払いをする方法です。このボーナス一括払いは金利や手数料は一切不要です。

そう考えるとすごくいいように思いますが、注意することが2つあります。

1.ボーナス支払日までカードの利用枠は空きません。

利用枠が30万円で20万円の家電や家具を買った場合、支払日までの数ヶ月間は10万円しかカードの利用枠がなくなってしまいます。

2.ボーナス減額には注意

最近では会社の業績状態などでボーナスがなくなったり、減額されることが多いです。

ボーナスだけに頼るのではなくお金を用意しとくくらいの気持ちが大事です。

◆コラム

クレジットカードに保証が付いているのはとても安心ができるところです。

自分が財布をなくしたとき現金はなくなりましたが、カードで使用された(無断利用)された分の金額は返ってきました。

クレジットカードとは自分のお金に保証が付いているようなもの。万が一の時にとても役に立ちます



今月のおすすめカード

年会費無料で海外でも使えるVISAカード