現金払いとクレジットカード払いの違い

あなたが日々の生活の中で払っているお金(公共料金、食費、交際費、交通費)を年間で見ると100万円以上になります。


この支払いを現金からクレジットカード払いに変更するだけで、クレジットカードの還元率を1%で計算すると、100万円の支払い→1%の1万ポイント(1万円分)がカード会社からもらえます。


またこの支払いを何年〜何十年と続けていくことによって、あなたとカード会社の間に信用がつきます。 何十年と現金で支払ってきた人より何十年とクレジットカードで支払ってきた人のほうがカード会社から見れば信用度が高くなります

信用がつくと

◆カードの利用限度額が上がる。

◆将来買う家のローンを組みやすかったりする。

◆カード会社からインビテーション(招待)がもらえる。

ほかにもメリットはたくさんありますが航空のラウンジが無料で使えたり、高級料理屋さんの割引クーポンがカード会社から届いたりとメリットはたくさんあります。


コラム

米国ではクレジットカードで個人のステータス性をみたりします。クレジットカードの信用は長い年月をかえてあなたとカード会社の信用を作っていくものです。利用規約をしっかり守ってつかっていきましょう。


今月のおすすめカード

年会費無料で海外でも使えるVISAカード