積極的に幹事になってまとめてカードで支払う

なんで幹事になると得をするのか??

クレジットカードのポイントがつくこと。

これが幹事を引き受けるうえでおいしいところなのではないでしょうか。人数集めたり、場所を予約したりするのは面倒ですが クレカのポイントがつく 飲み会をした際みんなの会計が58,100円だった場合1%還元のクレジットカードならば 581ポイント(約581円分)が付きます。⇦額が増えれば増えるほどポイント額は多くなるので引き受けるのを断る理由はありません。


徴収した際の端数のお金が手に入ること。

2つめは、現金を徴収した際の端数のお金が手に入る。 仮に20人の飲み会の幹事をしたとします。1人あたり2905円で3000円徴収したとします。 一人あたり95円が自分の手元に入ってきます。×20人だと1,900円です。幹事をすることで自分が支払う金額は1,100円ですみます。 幹事の仕事は、自分でお店をきめたりメンバーでキャンセルの人がいたら調整しないといけないので面倒だと思います。 ですがなんだかんだでこういうまとめる役割はのちのち役に立つスキルだと思うので進んで幹事になるようにしましょう。スキルも磨けて自分の飲み代も節約できる得られるものは大きいと思います。


現金が手に入ること。

お金を徴収する際、大抵現金でみんなから徴収します。クレジットカードの支払いは1ヵ月後なので、その間現金を確保することができます。給料日まで手元に現金がなくてという人はまっさきに幹事を引き受けるのもいいのではないでしょうか??大量に現金が入るのでくれぐれも使いすぎには注意しましょう。

幹事になるだけでみんなのリーダーになれる。

幹事になると、この回のあとはここに行くとかの段取りを組まないといけません。もし幹事がチョイスした店がすごくいい店だとみんなから誉められます。1次会でみんなで飲んでて、2次会に行く場合瞬時に次の店を予約してあげるとみんなからはなんて仕事ができるやつなんだと喜ばれます。上司の人たちをまとめる幹事になって上手く誘導することができれば、仕事でもいい案件を与えてくれるかもしれません。

まとめ

みんなが面倒がる幹事。こんなお得なことがあるんだったら引き受けない手はないはず。お店の手配だったり、人集めだったり大変ですが、かかるのは自分の労力だけです。

幹事誰やる??みたいなのがあった場合は真っ先に名乗り出ましょうw


今月のおすすめカード

年会費無料で海外でも使えるVISAカード