大量にクレジットカードを作らない

クレジットカードは一枚だけでなく複数枚の所持が可能です。ですがクレジットカード会社のほうで一括管理されていて、個人の支払い能力により枚数制限がされています。立て続けにクレジットカードを作ると審査に落ちます。あくまで個人の支払い能力に合わせたクレジットカードの枚数が前提になってきます。

クレジットカードを複数枚持っていると

◆管理が大変

複数枚クレジットカードを所持していると自分がいったいいくら使っているのか支払い状況をうまく把握できない場合があります。最大2枚~3枚ほどにしておいたほうがいいでしょう

◆盗難・紛失時のリスクが上がる。

何枚もクレジットカードを所有していると落としたときに各クレジット会社に連絡しなくてはいけません。自分の持っているカードはきちんと把握しておくのが鉄則です。

◆他のカードの審査が通りにくくなる。

クレジットカードを何枚所有しているかは、個人の信用機関に記録されています。カード会社がこれ以上カードを持たせるとお金を払ってもらえない可能性があると判断した場合はカード審査に落ちる場合があります。

コラム

住宅ローンを組むとき200万円の枠があるクレジットカードを5枚もっている場合1000万円になります。 もし4000万円の住宅ローンを組む場合3000万までしか融資してもらえなくなります。カードを5枚解約することで4000万円までのローンが組めるようになります。


楽天カード申し込み公式サイトはこちら

今月のおすすめカード

年会費無料で海外でも使えるVISAカード