リボ払いをしない

リボルビング(リボ)払いってなに?

リボ払いとは買い物した代金を毎月『ほぼ定額』で返済していく返済方法のことです。なかには支払わなければならないお金に対しての一定額にする場合があります。

メリット

◆「定額」なので毎月の家計が管理しやすい。

◆一気にお金がなくなることは避けられる。

デメリット

◆金利は「15%」かかり毎月の支払いに利息が付く。各カード会社によって金利はさまざまですが分割払いの最高金利18%に迫る勢いでかなり高額。

◆一気にお金がなくなることを避けることができますが、毎月の定額支払いの中から利息が付いていく。

◆いくら使っても毎月の支払いは増えないので「金銭感覚の麻痺」に陥る場合が多い。

カードの上限額を使っても毎月の支払いが一定の金額ですむ支払い方法です。これにより月々の支払いを一定にすることができます。各カード会社がよくCMでリボ払いのことをいいイメージのように放送していますが、それはカード会社が消費者がリボ払いにすることで多額の利益を得るからです。

リボ払いをおすすめしない理由

どれだけ使っても毎月の支払いが一定なので、いったい自分がいくら使ったのかわからなくなってきます。毎月の支払いが少ないと初めの頃の支払いは利息だけを支払ってる状態になってしまうので最低でも3万円以上のコースにしましょう。リボ払いが多重債務の入り口になりやすいというのも頭の隅にしっかり置いておきましょう。


リボ払いにするとカード会社からポイントがもらえたり、還元があったりと特典が多いですが「リボ払い」を重ねるとそれ以上の手数料を支払わなければならなくなるため、購入前に支払い総額がどうなるのか利用前に確認し、極力一括支払いなど金利がかからない使い方をおすすめします。


楽天カード申し込み公式サイトはこちら

今月のおすすめカード

年会費無料で海外でも使えるVISAカード